おすすめ教材・書籍

赤を身に着けるとモテる理由~女にモテたい、セックスしたい人必見~

2018/04/01

多くの心理学の実験から赤を身に着けると異性からモテるということが明らかになっている。

 

これは男が赤を身に着けた場合、女にモテるし、女が赤を身に着けた場合も男にモテる。

 

今回はそんな恋愛の真理を伝授していこうと思う。

赤を身につけるとなぜもてるのか?

「赤を身に着けるとなぜもてるのか?」というのは本の題名である。

 

恋愛だけでなく、人間関係全般に役立つ著書だ。

赤を身につけるとなぜもてるのか?

人間の心理が深くわかりやすく学べるので、恋愛にも応用できる。

 

たとえば、以下のような事実をあなたは知っていただろうか?

この著書から学べる事

・女性は赤を身に着けた男性を見るとセックスしたくなる

・白を身に着けている人を見るとより誠実に見える

・暖かい飲み物を飲んでいると、人は目の前にいる人を暖かい人だと錯覚する

・大きなカバンを持っている人ほど権力のある人だと人は錯覚する

・ナンパの成功率を高める匂い

・座る位置による関係性の違い

赤い美女

この著書では心理学の観点から異性を落とす方法や面接に受かりやすくなる方法、人から好かれやすくなる方法、人からかっこいい、権力のある人間だと思われる方法など、人間関係においてものすごく有益になることを学ぶことができる。

人は赤い色の異性とセックスしたくなる

赤=魅力的だというのは人類共通である。

 

分化や宗教の違いなどに左右されることもない。

 

いうなれば、究極のモテる方法かもしれない。

ドレス

モテるだけではない。

 

ある研究では、レストランの女性ウエイトレスが1日ごとにTシャツの色を赤、黒、白、黄、緑と変えてみたところ、赤を着た日に限って男性客からチップをもらえる金額が多くなることがわかっている。

異性から魅力的だと思われるためには…

それでは、さらに具体的にこの著書について話していこう。

 

下記に書いてあることは心理学の実験をもとに導いだされた結論でまぎれもない事実である。

 

・異性から魅力的だと思われるためには女は上から、男は下から写真を撮ってもらうべき

・大きな力を持っていると思われたいならLサイズの飲み物や食べ物を注文すべき

・ビジネスや社交の場では相手より高い椅子に座るべき

・デートでは甘いものを食べるべき

55

このように知っているだけでデートや商談の成功率が格段に上がる知識を学ぶことができる。

 

ものすごく実践的で使える著書なのだ。

著書の信憑性

この著書の信憑性はものすごく高い。

 

というのも先ほど挙げたようなことはすべて心理学の実験から導き出された結論であるからだ。

 

そして、その実験内容もしっかりと記載されている。

 

いかにこの著書が優れているかがわかるはずだ。そこらへんにあるなんの根拠もない恋愛本とはわけが違うのである。

赤は別格

この著書から学んだ赤について少し話しておく。様々な色の中でも赤は別格である。

 

人間は生活する中で色にものすごく左右されながら生きている。

 

急いで車を走らせていても赤信号は目に入るし、真っ赤な口紅を塗っている人は目に留まりやすい。

kkk

ある研究によると赤は人の性的行動、スポーツのパフォーマンス、勉強の成績にも影響を及ぼすことがわかっている。

 

逆に言えば赤をうまく使いこなすことでセックスまで持ち込める可能性が上がり、スポーツでの勝率が上がり、勉強に集中しやすくなり、記憶力も上がる。といったことが可能になるのだ。

テストの成績

赤色はテストの成績を間違いなく左右させる効果がある。赤色は成績には悪影響を及ぼすのだ。

 

アメリカとドイツの研究グループが行った実験で、被験者を3つのグループに分けて溶かせる問題は皆同じ。比較的簡単な問題で、学力もバラバラ。

999000

ここで、3つのグループに一つだけ違いを設けた。それは受験者番号の数字の色である。Aグループは赤、Bグループは緑、Cグループは黒。

 

そして、被験者が数字の色を見るように解答用紙のすべてのページの受験者番号をチェックしてほしいと最初に指示した。

 

すると、成績はAグループだけが格段に悪かったのだ。

 

つまり、大事なテストを受けに行くときは赤い服を来たり、赤シートを使ってはいけないということ。

女にモテる

女は赤を身に着けた男をセクシーだと感じてセックスしたくなる。これは男も同じで、赤を身に着けた女をセクシーだと感じてセックスしたくなるのだ。

 

これもある研究結果が物語っている。

 

ある心理学者が行った実験で、被験者の男性たちに女性に写真を見せる。1すべて同じ女性の写真だが、女性が赤いシャツを着ているパターンと青いシャツを着ているパターンを用意した。

 

そして、被験者が後でその女性に会うという設定にして被験者を部屋の一室に入れる。

 

被験者は自分とどれくらい近くに女性用のいすを置くかという実験だった。赤いシャツの女性の写真を見た男性は青いシャツの女性を着た男性よりも女性のいすに近い場所に自分の椅子を置いたのだ。

3

これ以外の多くの実験からも男は赤を身に着けた女を好み、女も赤を身に着けた男を好むという結果になったのだ。

 

これからは一部でもいいので、赤を身に着けるようにするといい。

読書の重要性

話は変わるが、オレは一流になるには最低でも1分野100冊は読むべきだと思っている。事実、オレ自身恋愛関係の著書だけでも100冊以上読みまくっている。

 

成功者と呼ばれる人間は圧倒的に読んでいる本の数が違う。下記の記事にいかに読書が大切かが書いてある。

ビル・ゲイツなど、大富豪の読書量は、年収300万円の人の38倍「でも、有名になりたくて、仕方がないミーハー著者の本を読んでも何も変わらない。」
とにかくどうせお金を使うなら本や教材など自分の力になるものにお金を使うといい。

 

いつも通り、上司の悪口を言い合うくだらない飲み会などの生産性のないことにお金を使っている場合ではない。

 

モテたければ恋愛関係の著書100冊は読もう。教材も10冊くらいは勉強するといい。とにかくモテたければ、以下のことにお金を使おう。

3

・本

・教材

・服

・靴

・カバン
「赤を身に着けるとなぜモテるのか」


赤を身につけるとなぜもてるのか?

まずは、この本でモテレベルをがっつり上げてみてほしい。

 

実用的なことも多く学べる名著である。異性だけでなく、同性の心理も学べるので楽しみにしておこう。

 

セックスするための会話術を知りたい方はこちら

セックスするための会話術~女に自分の話をしゃべらせる~

The following two tabs change content below.
K
2016年末に300人切りを達成したオレが女とセックスできる男になる秘伝、真理を伝授している。 まじめで優しい男は絶対にモテない。このサイトで学び行動すればいかに女の口に出す言葉(建前)と本音がかけ離れているかに気付くことができる。 そうなれば、1割の本物のモテ男の仲間入りができるだろう。

-おすすめ教材・書籍